ネオヒーラーの使い方

軽くこする、
押す、あてる
タッピングする

からだの部位に応じて2通りの使い方。
突起面と平面の両面が使用できます。

新型マッサージ器 NEO HEALER (ネオヒーラー)
新型マッサージ器 NEO HEALER (ネオヒーラー)

赤ちゃんから高齢者まで、年齢に関係なく全身に使用することができます。服やタオルの上から、軽くこする、押す、あてる、タッピングする。症状がある場所だけではなく全身をマッサージすることで、からだ全体の生体電流が整います。

お手入れ方法 : 使用後は乾いた布で拭き清潔に保ってください。毎日使うほど、銅の酸化がなく光沢がでます。

使用上のご注意

使用中の体感について

• 人間のからだには 約37兆個(最新論文より) の細胞があり、その全ての細胞が電子を帯びており、正常な状態では、細胞の内側にマイナスイオン、外側にプラスイオンが荷電しバランスが保たれています。怪我や病気などで細胞がダメージを受けると細胞を修復しようと「損傷電流」が働きます。ネオヒーラーを使用中に、稀に強い痛みや電流が走るような微細なビリビリとした体感が起こる場合があります。その様な反応(=損傷電流)がある部位に、 しばらくあてる又は軽くこするなどを繰り返すと、痛みや症状が和らいできます。 安心してご使用ください。

• ネオヒーラーは、本体そのものの重みだけで最適な圧になるように重量を計算し設計されています。負荷の強過ぎる圧を加えますと、筋繊維を痛めあざの原因になります。ご注意ください。

• マッサージ後体質により、かゆみ、赤み又は、はりかえし(筋肉痛)のような症状がでる場合が稀にあります。数日で自然に消えていきますが、長引く時は使用を一時中止し症状がなくなるまで様子をみてください。

• ネオヒーラーを使用中に、本体が熱くなったり冷たくなったりしますが、半導体によるもので使用に問題ありません。

次のような方は使用しないでください

  • • ペースメーカー、マイクロチップ等、電磁干渉を受けやすい体内型医療機器が入っている方。
  • • 金属アレルギー体質の方。
  • • 紫斑になりやすい方。
  • • 金属・プラスチック・シリコン・チップなどを埋め込んである部位へのご使用。
  • • その他医療機関で治療中の場合、ご使用に不安がある方は医師に相談してください。

次のような行為は行わないでください

  • • 防水仕様ではありません。水中や浴室など水回りでの使用はしないでください。
  • • 小さなお子様の手の届く場所での保管。
  • • 分解、改造、解体修理。
  • • 電子機器、時計、磁気カードなど電磁干渉しやすいものには近づけないでください。
  • • 本来の用途目的以外では使用しないでください。事故やケガ、破損のおそれがあります。
  • • 落とす、ぶつけるなどの強い衝撃を与えないでください。破損のおそれがあります。
  • • 欠けや傷が入った場合は使用しないでください。肌を傷つけるおそれがあります。
  • • 骨粗しょう症など、骨に異常のある方。
  • • クリームなどを付けて使用しないでください。本体が変色、変質するおそれがあります。
  • • 肌をこすりすぎたり、1ヶ所のみに繰り返し使用したりしないでください。肌をいためる恐れがございます。
  • • 目元に使用する時は眼球を強く擦ったり押さないでください。
  • • 冷やしたり温めたりしてから使用しないでください。また、サウナなど、急激に温度が変化する環境では使用しないでください。
  • • ドライヤーやファンヒーターなどの暖房器具の吹出口のそばに置かないでください。部品の変形、故障のおそれがあります。